重要なお知らせIMPORTANT NOTICES

重要:特定のSAS/SSDにおけるファームウェアアップデートについて

2021年3月31日

日本ヒューレット・パッカード株式会社(以下HPE)より、特定のSAS/SSDにおいて、一定のパワーオン累計時間を経過した場合に発生するドライブ障害を防ぐためのファームウェア更新の情報が発表されています。
このドライブ障害は3つに分類され、それぞれ別々のドライブ障害となります。本項では、過去2回の情報も併せて記載いたしますので、SAS/SSDを利用している場合には、HPEサポートサイトで、障害内容、対象製品、対応方法などを確認のうえ、該当するシステムにおいては、ファームウェアの更新を実施してください。
なお、HPEサポートサイトの情報は、随時更新されますので、必ず最新情報で確認してください。

【①:パワーオンの累計32,768時間でのドライブ障害】

●HPEサポートサイトの公開情報

https://support.hpe.com/hpesc/public/docDisplay?docId=emr_na-a00092491ja_jp

●主な対象製品

HPEサーバ製品(ProLiant/Synergyなど)、HPEストレージ製品(StoreEasy1000、MSA、StoreVirtual3000/4335など)
※対象モデルは多数になりますので詳細モデルはHPEサポートサイトで確認してください。

●主な影響

ドライブ障害とデータ損失が発生し、利用RAIDモードでサポートされる数を超えるドライブ障害が発生した場合にはバックアップデータからの復元が必要となります。

●対応方法

ドライブファームウェアをバージョンHPD8へ更新します。

【②:パワーオンの累計40,000時間でのドライブ障害】

●HPEサポートサイトの公開情報

https://support.hpe.com/hpesc/public/docDisplay?docId=a00097382ja_jp

●主な対象製品

HPEサーバ製品(ProLiant/Synergyなど)、HPEストレージ製品(StoreEasy1000など)
※対象モデルは多数になりますので詳細モデルはHPEサポートサイトで確認してください。

●主な影響

ドライブ障害とデータ損失が発生し、利用RAIDモードでサポートされる数を超えるドライブ障害が発生した場合にはバックアップデータからの復元が必要となります。

●対応方法

ドライブファームウェアをバージョンHPD7へ更新します。

【③:パワーオンの累計70,000時間でのドライブ障害】

●HPEサポートサイトの公開情報

https://support.hpe.com/hpesc/public/docDisplay?docId=a00111296ja_jp

●主な対象製品

HPEサーバ製品(ProLiant/Synergyなど)、HPEストレージ製品(StoreEasy1000など)
※対象モデルは多数になりますので詳細モデルはHPEサポートサイトで確認してください。

●主な影響

ドライブが一時的に動作しなくなった後、ドライブの電源サイクルが発生します。 この問題が発生した場合は、ドライブを稼働状態に戻すため、HPD4ファームウェアを即座に適用する必要があります。
利用RAIDモードでサポートされる数を超えるドライブ障害が発生した場合にはバックアップデータからの復元が必要になる場合も考えられます。

●対応方法

ドライブファームウェアをバージョンHPD4へ更新します。

サポート窓口

ご利用構成での対応方法や手順などについては、HPE保守サポートの窓口をご利用ください。
https://support.hpe.com/hpesc/public/docDisplay?docLocale=ja_JP&docId=c04770432

エフタイムへのご質問は
こちらからお寄せ下さい。
お問い合わせはこちらから